敏感肌の5つのタイプ


「敏感肌」という言葉は医学用語ではなく、化粧品業界の用語です。

「敏感肌」は決まった定義はありませんが、主にストレスや不規則な生活・季節の変わり目などにより、外から少しで刺激があると、角質層のバリア機能が正常に働かなくなる状態のことと考えられています。

具体的には、気温の変化や乾燥した空気、ダニ、ハウスダスト、雑菌、髪に残った洗髪剤や整髪料など、生活の中で避けられない些細な刺激により、肌が乾燥してカサカサするしたり赤くなったり、発疹ができる、洗顔や化粧をするとヒリヒリする・・・など、さまざまなトラブルを起こす肌のことを言うのです。
ただ、「敏感肌」の基準はないようです。


では、具体的にどんなタイプの肌を「敏感肌」と判断しているのでしょうか?


自分が「敏感肌」だと言う人は、だいたい次の5つのタイプに分かれます。


◆化粧品の中の何かの成分が肌に合わず、かぶれたりしてトラブルをおこしてしまうタイプ。


◆皮膚科へ行くほどのトラブルはないが、「敏感」を「デリケート」「繊細」などとイメージで
敏感肌を名乗るタイプ。


◆間違ったスキンケアが原因でトラブルを起こし、皮膚を敏感にしてしまい皮膚科に通うタイプ。


◆ストレスや睡眠不足、生活環境による刺激など、時々不安定な肌となってしまうタイプ。(最近増加傾向)


敏感肌用の化粧品であればトラブルを起こすことはないだろうと安心してしまっているタイプ。


このような5つのタイプの女性が増えてきています。

そしてこの「敏感肌」志向が化粧品の質や安全性を高めるひとつの要因になっているようです。

     スポンサードリンク
   






▲[敏感肌の5つのタイプ]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved