皮膚の構造


トラブルを起こしやすい敏感肌の人は、スキンケアや化粧品選びなどに慎重にならなければなりません。

そのためには、自分の皮膚の構造や役割についてもある程度理解していないと、より適切なスキンケアは難しいです。

敏感肌と上手につきあっていくためにも、皮膚の構造や働きを知っておきましょう。


まず皮膚は3つの層に分かれています。

一番下にあるのが「皮下組織」です。

皮下組織は皮膚とその下にある筋肉や骨との間にあたる部分になります。外から力が加わると、その衝撃を和らげるためのクッションの役割を果たします。

また、皮下組織は主に皮下脂肪でできており、体温が逃げるのを防ぎ、エネルギーを脂肪にためこんでいます。


次に真ん中の層が「真皮層」です。

表皮をしたから支える真皮層は、繊維状のコラーゲン、それを束ねるエラスチン、これらの間を埋める基質からなる結合組織です。また、水分を多く含んでおり、肌の弾力やハリのもとになっている部分です。

年齢とともに紫外線の刺激などを受けると、コラーゲンやエラスチンが少しずつ細かくなり、ハリが低下し、しわやたるみとなってしまいます。

そして一番上の層が「表皮層」です。

表皮層はスキンケアで働きかける部分で、厚さは0.1〜0.2ミリです。


真皮層と波形に接している部分が表皮層の「基底層」です。

基底層は、皮膚細胞を作り出す基底細胞とメラニンをつくりだすメラノサイト(色素細胞)横一列に並んでいます。

基底細胞は2つに分裂して、1個は上へ送り出されて、もう1個はまた分裂するために基底層に残ります。

そして新陳代謝により有棘層、顆粒層へと少しずつ上に押し上げられ、角質層へと移ります。

     スポンサードリンク
   






▲[皮膚の構造]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved