生理周期に合わせたスキンケア


生理周期による肌の変化は、年齢や疲れなどによってホルモンの影響が肌に出やすくなります。

これは生理周期により変化する卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスによるものなのです。

卵胞ホルモンは、月経後、排卵に向かって増えていき、次の月経の直前に急激に減少するホルモンで、肌にうるおいやハリを与えると考えられています。

また、黄体ホルモンは、排卵後次の月経の直前まで分泌されるホルモンで、肌の皮脂分泌を活発にするといわれています。黄体ホルモンの分泌が増える生理近くは、一番肌状態が不安定な時期。ベタついてニキビもできやすく、さまざまなトラブルが出やすい時です。その頃は、新しい化粧品を試したり、角層ケアなど肌に負担をかけるお手入れは避けましょう。特に敏感肌は、不安定な状態になりやすいので影響が出やすくなります。

一方、卵胞ホルモンの分泌が増える排卵前は肌状態が最も安定している時期。新しい化粧品にトライするのは、この頃が最適です。

このように、生理周期と肌の状態を把握して、それに合わせたスキンケアを行うようにしましょう。


1週目(生理が始まった週)は、肌は乾燥気味で敏感な状態なので、肌荒れしやすくなります。

乾燥にきびができやすい時期なので、保湿ケアを十分にして、うるおいを保ちましょう。


2週目(排卵前の週)は、肌がもっとも落ち着いている時期で、にきびもできにくいです。

まだ乾燥している場合は、保湿ケアを行います。

新しい化粧品を試したり、パックやマッサージなどのケアは、この時期にやるとよいです。


3週目(排卵後の週)は、肌が不安定な時期で、皮脂の分泌が増えてきて、べたつきやすくなります。

さっぱりタイプの洗顔料やローションを使ってにきびを予防しましょう。

また、この時期はしみができたり、濃くなったりしやすくなります。


4週目(生理前の週)は、肌の皮脂分泌が多く、べたつき気味となるので、一番にきびができやすい時期です。

この時期はイライラしやすくなり、これが皮脂分泌を増やす原因ともなります。

なるべくリラックスして過ごすようにしましょう。

また、しみもできやすい時期なので、紫外線対策を忘れずに。


生理前の2週間は皮脂分泌が増える時期なので、とにかくこの時期のにきび対策はしっかり行いましょう。

     スポンサードリンク
   






▲[生理周期に合わせたスキンケア]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved