敏感肌とシャンプーの関係


敏感肌の人が意外と忘れがちなのがシャンプーと肌の関係です。

敏感肌用のスキンケアをしっかりとしていても、シャンプーが原因で肌が荒れてしまうこともあります。

髪と肌は非常に密接な関係があることを知っておきましょう。


シャンプーやリンスには、洗浄力や柔軟性を高めるため、かなり強力な「界面活性剤」が使われています。

界面活性剤は、敏感肌の人の肌にはとても刺激の強い、トラブルのもとともいえるものです。

界面活性剤は油汚れを取り、水に取り込んで洗い流すというそのままでは決してなじむことのない水と油をなじませひとつにしてしまう働きをもつ化学物質です。

シャンプーの成分にある陰イオンの「アニオン界面活性剤」は、髪についた汚れを取り除き清潔な状態にしてくれます。

リンスの成分にある陽イオンの「カチオン界面活性剤」はシャンプーをした髪を、保護膜のようにコートして、髪になめらかな光沢を与えます。

バリア機能の衰えている敏感肌は、シャンプーやリンスが皮膚内部に浸透しやすく、トラブルを招くことが多いのです。

したがって、シャンプーやリンスのすすぎ不足により肌が荒れてしまうこともあります。

敏感肌用にしっかりとケアをしているのに、髪の生え際やうなじがかゆい、顔がかゆい、というときにはシャンプーやリンスなどの洗髪料を疑ってみましょう。

そして、敏感肌の人は頭皮も敏感なことが少なくありません。

シャンプーのポイントとしては頭皮の洗浄はとても大切。

頭皮の毛穴に皮脂がつまると髪が脂っぽくなってしまい、フケの原因となります。

低刺激のシャンプー(植物性石けんを使用した無添加の石けんや天然保湿成分配合のものなど。無着色、弱酸性)でやさしくヘアケアをしましょう。


例えば、敏感肌・アトピーの方向けのシャンプー、「あんだんてシャンプー」は、天然系素材を使っているので、敏感肌の方、かゆみの出やすい方におすすめです。

アミノ酸を使った、髪と肌にやさしいシャンプーなので、とにかく使って気持ちが良く、ソフトな感触です。

「石けん系以外使えない」と諦めていた方も、安心して使えるシャンプーです。
≫詳しくはこちら


また、シャンプー、リンスをきちんと洗い流してから洗顔、ボディ洗いという順番も大切です。

洗顔後のシャンプーやリンスは角質層がはがれた敏感肌にとっては大敵です。

シャンプー・リンスの残留が肌へのダメージに大きくつながります。

髪も頭皮も皮膚の一部なのです。






▲[敏感肌とシャンプーの関係]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved