ストレスと疲れ


疲れがある時は、血行が悪くなることによるくすみ回復が遅くなることによる肌荒れなどが起こり、肌の調子も悪くなります。

疲れに加えて栄養が不足してくると、脳や内臓への栄養補給が優先されるため、比較的代謝の早い肌や髪や爪には栄養が回ってこなくなります。

その結果、肌荒れ、髪のパサつきなどが起こってきます。

大切な肌から疲れを出しにくくするためには、できる範囲で食事に気を配ることが必要です。

それが難しければビタミン剤やサプリメントで補いましょう。

ビタミン剤は肌の回復力を助けてくれ、敏感になるのを防いでくれる働きがあります。

カルシウムなどのミネラル、細胞をつくるタンパク質なども目的や肌の状態にあわせて上手に補いましょう。


睡眠不足も肌にとっては大きなダメージになります。

夜の睡眠中は、副交感神経の働きによって末梢の血管が広がり血行がよくなります。

栄養が血液から皮膚へよく行き渡り、ターンオーバーが行われます。

睡眠時間が短いと肌が回復しきれず、肌が乾燥したり、荒れたりするのです。

そして、敏感肌増加の原因としてここ数年よくあげられるのが「ストレスと疲労」です。

職場の人間関係による悩みや不規則な生活による睡眠不足、疲労の蓄積などストレスの理由はいろいろ。

脳がストレスを認知すると、ストレスホルモンが分泌されます。

これにより肌の免疫力が低下し、刺激に弱くなったり、肌荒れになったりして、敏感な肌となります。

したがって、もともと敏感肌の場合は、ストレスによってかぶれや炎症などのトラブルにつながる可能性がさらに高くなってしまうのです。


ストレスによる肌の不調は、普段のスキンケアだけでは防ぎきれないので、ストレスを和らげる工夫が必要です。

ストレス解消のために効果的なのは、「五感」で感じる心地よさ。

好きな色やキレイなもの(視覚)、好きな香り(嗅覚)、好きな音楽、自然の音(聴覚)、好きな肌触り(感触)、おいしいもの(味覚)などです。

この「五感」による心地よさがリラックス効果となり、免疫力を高め、回復を促すホルモンが分泌されるようになります。

例えば、香りのキャンドルで心地よい香りに浸かり、リラックス効果のある音楽を聴きましょう。

ストレスを和らげ、身体が回復するための睡眠へと自然に導いてくれます。


ストレスによる肌の疲れは、栄養、十分な睡眠、そして「五感」で感じるリラックス効果のあるものでサポートし、回復力を早めるようにしましょう。

     スポンサードリンク
   






▲[ストレスと疲れ]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved