乾燥と肌荒れ


色々な刺激から肌を守るためにバリアとなっているのが「角質層」です。

この角質層の表面は平らな角質細胞がぴったりと重なり合っています。

そのひとつひとつの細胞がふっくらと潤い、その間を細胞間脂質がしっかりと満たされているのが健康な肌の状態ですが、乾燥すると角質細胞同士の結びつきが弱まり、細胞がめくれたりはがれたりしてしまいます。

これが「肌荒れ」といわれるものです。


乾燥するだけで肌のバリア機能は低下し、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

そして肌のハリが低下するため、しわもできやすくなるのです。

時々自分自身で肌のチェックをしてみましょう。


手の平を頬にあてたとき、なめらかで吸い付く感じがあれば十分に肌は潤っています。

やや潤いが足りない肌は、さらさらしてなめらかな状態です。

そして乾燥していると肌がザラついている感じがします。


しかし、このザラつきを不要な角質と思い込んでスクラブなどで洗い流してしまえば、角質層はほとんど無くなってしまうので注意が必要です。

肌が乾いたときのザラつきは、角質層がめくれあがっていることが多いのです。

角質は「取る」のではなく「守る」ことを優先したスキンケアを心がけましょう。

最も効果的なのは、潤いを与えてそれを逃さないことです。

まず、保湿成分(セラミドやコラーゲン)を含んだ保湿ローションを使いましょう。

その上にエモリエント成分配合の乳液やクリームをつけて肌の乾きを防ぎます。


また、肌だけではなく唇や全身のケアも忘れずに行ないましょう。


角質層の薄い唇はとても荒れやすい部分です。

口紅を塗る前に必ず下地としてリップクリームをつけて唇を保護しましょう。

唇の角質層は数日でターンオーバーを繰り返すので、保湿ケアを続ければすぐにふっくらすべすべの状態に戻すことが可能です。


そして全身のケアですが、敏感肌の人は体も乾きやすいので全身の保湿ケアを十分行ないましょう。

特に乾燥する冬は注意が必要です。

保湿成分配合の入浴剤や低刺激で保湿成分が配合されているボディソープを使うことで、全身を潤いを与えることができます。

また入浴後もボディローションで保湿ケアも忘れずに行ないましょう。

     スポンサードリンク
   






▲[乾燥と肌荒れ]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved