敏感肌の美白ケアと保湿ケア


敏感肌には、紫外線などの刺激で肌に炎症を起こしやすく、色素も沈着しやすいという特徴があるので、保湿ケアをしっかりとすることが大切です。

紫外線を防ぎ、自分に合った基礎化粧品でしっかりと保湿するようにしましょう。

保湿剤は風呂上りにつけるのが最も効果的です。入浴すると肌に水分が補われ潤います。ただし入浴後すぐに蒸発してしまうので、そのままにしておくとさらに乾燥してしまいます。敏感肌の人は入浴後、できるだけ早めに保湿するように心がけましょう。

化粧水はなるべく手でつけるようにしましょう。どんなに高級なコットンでも、繊維質であることには変わりなく、肌に触れるたびに小さなダメージを与えてしまう可能性があります。もし角質層が傷ついてしまうと、そこから外界の刺激が入り込んだり、肌の水分が逃げてしまい敏感肌や肌荒れを悪化させてしまいます。

保湿剤は顔の気になる一部だけではなく、顔全体につけるようにしましょう。つけ方は化粧水と同じように手を使ってそっとなじませます。


また、敏感肌の人は角質層が薄く、細胞間脂質が不足しており、化粧品かぶれなどを起こしやすいです。

化粧品をつけて24時間以内に赤くなったり、かゆみが出たり、ヒリヒリするような人は敏感肌の可能性がありますので、細胞間脂質を補うようなケアが必要です。

基礎のスキンケアには、美容液かクリームをつけることをおすすめします。

マイルドな使用感の美容液かクリームであれば、にきびや日焼け後でも使えます。

その際、パッチテストを忘れないようにしましょう。

敏感肌の人の美白ケアは、肌が落ち着いている状態の時に、使用感がマイルドな美白化粧品を1つプラスする程度が安心です。

     スポンサードリンク
   






▲[敏感肌の美白ケアと保湿ケア]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved