にきび肌も敏感肌の症状


にきびのチェックポイント

にきびは中学生や高校生のものというのは誤解で、にきびの原因となる皮脂の分泌量は20代でピークに達するので、大人になってからにきびに悩まされる人も多いです。


にきびの原因は、まず皮脂の量が多いことです。

皮脂腺は毛穴の途中にぶら下がるようについていて、この皮脂腺から皮脂が肌表面に分泌されていきます。

脂性肌の人や、皮脂分泌が盛んなTゾーンでは皮脂腺そのものが大きい場合があります。


次に、毛穴のつまりもにきびの原因となります。

皮脂がたくさん分泌されても、毛穴からスムーズに出て行けばにきびになることはありませんが、毛穴の入り口付近はメイクや古い角質といった汚れが残りやすく、また、皮脂の刺激によって角質層そのものが厚くなっていたりします。

そうなると、毛穴が狭くなって皮脂が出にくくなり、やがてこの毛穴の汚れが角栓となり、毛穴を塞いでしまいます。

そして、アクネ菌などの細菌の繁殖もにきびの原因となります。

皮脂分泌は、毛穴が塞がれても続きますから、皮脂は毛穴の中に溜まっていきます。

そうすると、アクネ菌などの細菌が繁殖して炎症が起こり、にきびができてしまいます。


にきびも敏感肌のひとつの症状です。

角質層が壊れて炎症を起こしているのですから、洗顔ではよくなることはなく、化粧品も使えません。

自分でにきびを治せるのは数個程度の時で、それ以上は皮膚科へ行ったほうが早いです。

薬を処方してくれるだけでなく、スキンケアに関しても相談に乗ってくれます。

     スポンサードリンク
   






▲[にきび肌も敏感肌の症状]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved