用語集(さ〜な)


SPF(Sun Protection Factor)

SPFとは、日焼け止めの化粧品などの紫外線防止剤の効果を数値で表したものです。
日焼け止めは肌への負担が大きいので、敏感肌の人は長時間の塗りっぱなしは避けましょう。
紫外線対策は、とにかく日に当たらないことです。

しみ

しみは、紫外線などでメラニン色素が増え、皮膚に沈着したものです。
若い頃にしみができないのは、抗酸化作用が活発なためです。
女性は、排卵が終わって次の生理が始まるまでの黄体期に、しみができやすくなります。
また、妊娠中にしみができやすいのも、黄体ホルモンによるものです。
できてしまったしみは、ビタミンや塗り薬などで薄くすることができます。

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹とは、頭や顔などの皮脂の分泌の多いところにできる湿疹・皮膚炎で、はっきりした輪郭の赤い炎症になります。
原因はカビとも言われていますが、はっきりしたことはまだわかっていません。
いずれにせよ、日頃からよく洗顔・洗髪をして脂分と洗剤を落とし、ストレスや栄養に気をつけましょう。

新陳代謝

新陳代謝は、健康な肌のために必要なものですが、年齢とともに衰えていきます。
敏感肌の女性の場合は、そのままにしていても肌の状態はよくならないので、化粧品で乾燥した肌にうるおいを補給したり、にきびが出てしまった場合はオイルコントロールをするなどのスキンケアが大事です。
栄養バランスを考えた食事、十分な睡眠を心がけて、新陳代謝を活発にしましょう。

真皮

真皮とは、血管、リンパ管、神経、毛根、皮脂腺、汗腺などが詰まっている皮膚の95%をも占める本体のことで、肌の弾力をつくる働きをしています。
真皮の中のコラーゲンやエラスチンが健康な状態だと、肌は心地よい弾力となります。
肌の若さは、この真皮で決まるといっても過言ではありません。
このコラーゲンやエラスチンは、加齢によって徐々に失われ、しわもできてきますので、紫外線に当たらないなどして、気をつけましょう。

スクワラン

スクワランは、サメの肝臓に含まれる皮脂成分のことで、人の皮膚にもスクワランが含まれています。
スクワランのオイルは、低刺激で、皮膚の乾燥を防いでくれ、紫外線からも守ってくれるなど、敏感肌の人にピッタリのオイルです。
なるべく専門メーカーの高品質なもので美肌をつくりましょう。

ストレス

ストレスは、精神的な重圧感のことで、いろんな原因から起こります。
ストレスを感じると、新陳代謝が悪くなって血液循環が低下して肌がくすんだり、皮脂膜の異常分泌でにきびが増えたりします。
ストレスは肌を悪化させてしまうので、好きなことをして発散させて、なるべく溜め込まないようにしましょう。

接触性皮膚炎(主婦湿疹)

接触性皮膚炎は、主婦湿疹とも呼ばれ、水仕事や手を使う仕事をする人によく見られる手と指の皮膚炎です。
化学物質や洗剤、アレルギーなどが接触性皮膚炎の原因と言われています。
手がカサカサしてひび割れを起こしたり、皮がむけて痛んだりします。
小さな水泡ができてかゆくなり、その水泡が破れると、ただれる場合もあります。

セラミド

セラミドは角質層の保湿成分のひとつで、細胞間脂質の主成分です。
セラミドへ水分を補給する化粧品も揃っています。
みずみずしい肌に欠かせません。

ターンオーバー

ターンオーバーとは、皮膚の新陳代謝のことで、約28日間周期です。
皮膚の底の基底層でつくられた表皮細胞は、有棘層と顆粒層を経て、表面の角質層にたどり着きます。
そして、たんぱく質のケラチンをつくり、新たな角質層をつくり出します。
表皮細胞はその後、垢となってはがれ落ちます。

NMF(Natural Moisturizing Factor)

NMFとは天然保湿因子のことで、角質細胞の中で水分を取り込んで保持する働きがあります。
このNMFが配合されている化粧品は、天然の保湿成分が入っていて、角質の天然保湿因子の働きをサポートします。

     スポンサードリンク
   






▲[用語集(さ〜な)]上にもどる

注目情報!

敏感肌用化粧品をお探しの方はこちら!

はじめての方へ

敏感肌の基礎知識

肌が敏感になる原因と対策

敏感肌チェック

敏感肌の人の化粧品の選び方

敏感肌の人のスキンケア

肌トラブルチェック

敏感肌の疑問

敏感肌用語集

敏感肌用の化粧品

敏感肌のノウハウ

敏感肌・スキンケアリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 敏感肌用化粧品とスキンケアガイド. All rights reserved